月々のスマホの支払いを安くするための情報サイト

スマホを安く

スマートフォン本体

iPhone 6 から iPhone 8、iPhone X への進化の詳細

更新日:

発表のたびにいつもほしくなる新型iPhone。
2017年9月に発表されたiPhone 8、iPhone X(テン)、あなたは買いますか?

自分が好きなタイミングで、好きな端末に乗り換えることができることは格安SIMの魅力のひとつです。
そのため、キャリアのように2年ごとに契約を見直す必要がなく、定期的な買い替えをしない方も多いです。

でも、iPhoneは新しいモデルになるたびに小さな変更が魅力となって、買い替えに至ることもあります。
小さい画面が物足りなかった方はiPhone 6に、防水がほしいSuicaを使いたいという方はiPhone 7に、といった具合です。

さて、今回のiPhone 8の魅力的な変更点はどこでしょうか。

この記事では、最新の端末に必ずしも乗り換える必要がない格安SIM利用者や、格安SIMへの乗り換え検討中の方向けに、iPhone 6を含めた歴代iPhoneの違いを改めて解説します。

※今回は表が多いので、スマートフォンの方は横にして読むことを推奨します。

あの機能はいつから? iPhone 4から最新のiPhone 8 iPhone X までの機能の変化一覧表

まずは、歴代iPhoneの機能変更のまとめから。
あなたにとって魅力的な機能を探しましょう。

iPhone 4iPhone 5iPhone 5siPhone 6iPhone 6siPhone 7iPhone 8iPhone X
LTE(4G)
Touch ID×
VoLTE
3D Touch
光学式手ぶれ補正
4K ビデオ撮影
Apple PayでのSuica利用
広色域ディスプレイ
防水、防塵
イヤホンジャック×××
ワイヤレス充電
Face ID

 

iPhone 6 からiPhone 8 iPhone X までスペックの一覧表

次に、iPhone 6以降の、iPhoneのスペックの一覧表を示します。

iPhone SE、iPhone 8Plusに関しては、大きさのバリエーションではあるのですが、比較の対象として追加しました。

私が「これは」と思っている変更点を目立つように着色しました。
水色がいいところ、オレンジ色がちょっと戸惑うところです。

iPhone 6iPhone SEiPhone 6siPhone 7iPhone 8iPhone 8 PlusiPhone X
発表2014年9月2016年3月2015年9月2016年9月2017年9月
Apple Store価格(2017年10月時点)-39,800円50,800円61,800円78,800円89,800円112,800円
CPUA8A9A10 FusionA11 Bionic
メモリ16GB/64GB/128GB32GB/128GB64GB/256GB
サイズ4.7インチ4インチ4.7インチ4.7インチ4.7インチ5.5インチ5.8インチ
解像度1,334 x 7501,136 x 6401,334 x 7501,334 x 7501,334 x 7501,920 x 1,0802,436 x 1,125
ppi326ppi326ppi326ppi326ppi326ppi401ppi458ppi
コントラスト比1,400:1800:11,400:11,400:11,400:11,300:11,000,000:1
色域フルsRGB規格広色域ディスプレイ(P3)
最大輝度500cd/m2625cd/m2
サイズ138.1 x 67.0 x 6.9 mm123.8 x 58.6 x 7.6 mm138.3 x 67.1 x 7.1 mm138.3 x 67.1 x 7.1 mm138.4 x 67.3 x 7.3 mm158.4 x 78.1 x 7.5143.6 x 70.9 x 7.7 mm
重量129g113g143g138g148g202g174g
3D Touch-
耐水、防塵-
カメラ12MP(メガピクセル)カメラ
ƒ/2.2の開口部ƒ/1.8の開口部広角:ƒ/1.8の開口部
望遠:ƒ/2.4の開口部
-光学式手ぶれ補正
ビデオ撮影1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)4Kビデオ撮影(30fps)4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
-ビデオの光学式手ぶれ補正
セキュア認証Touch ID 第一世代Touch ID 第2世代Face ID
Apple PaySuicaが使えないSuicaが使える
付属ヘッドフォンEarPods with 3.5 mm HeadphoneEarPods with Lightning Connector
※イヤホンジャック廃止
インターネット利用時の最大時間10時間13時間10時間12時間12時間12時間12時間
ワイヤレス充電-ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)

CPU・GPUの性能は着実に進化。A11 Bionicチップは速い

A11 とかA10 とか言われてもわかんないんだけど、という方向けに、CPU・GPUの性能をベンチマークテストできる、Geekbench 41の結果を紹介します。

ベンチマーク A8A9A10 FusionA11 Bionic
iPhone 6iPhone SEiPhone 6siPhone 7iPhone 8iPhone X
Single Core145724702376344541994199
Multi Core245142214050574699729891
Metal419298559577124091529615536

性能比がつかみやすいようにグラフにしました。

Geekbench 4 Single Core iPhone

Geekbench 4 Single Core iPhone

Geekbench 4 Multi Core iPhone

Geekbench 4 Multi Core iPhone

Geekbench 4 Metal iPhone

Geekbench 4 Metal iPhone

Single Core(シングルコア)の結果がコア一つで演算したときのパフォーマンスを、Multi Core(マルチコア)の結果が複数のコアで並列演算をしたときのパフォーマンスを、Metal(メタル)の結果がグラフィックのパフォーマンスを示します。

主に新しいiPhoneへの買い替えを検討するのは、iPhone 6、iPhone 6sの世代ですので、iPhone 6を基準にしてみた時、iPhone8 iPhone Xについて、次のことが言えます。

  • シングルコアの演算で iPhone6の2.9倍 の性能を持っています。
  • マルチコアの演算で iPhone6の4.1倍 の性能を持っています。
  • グラフィック性能で iPhone6の3.6倍 の性能を持っています。

私もiPhone 6をメインで使っているのですが、この性能比にはグラっときます。

iPhone 8、iPhone Xに対する感想

iPhone Xについては、おおよそ事前に各サイトでリークされていた内容の通りだと思います。
ただ、私はiPhone XがiPhone 8なのだと思っていたので、二種類出てきたことに驚きました。

マルチコアの演算性能や、ワイヤレス充電に魅力を感じるなら、iPhone 8もありかな、と思います。

iPhone XはiPhone 8 とではなく、iPhone 8 Plus と比べると良さがわかる

ベゼルレスになり、iPhone 6〜8 Plusより軽くて小さいのに、ディスプレイのサイズが大きいことが特徴です。
Androidでは少し前からの流行ですが、iPhoneでは初めてですね。

重量も、iPhone 8 Plusが202gなのに対して、iPhone Xは174gです。

iPhone Xは、さらなる進化を遂げたスーパーRetinaディスプレイ

iPhone 6以降、5.5インチのモデルも選べるようになりましたが、iPhoneと言えば、もう随分前からRetineディスプレイで、326ppiの4.7インチが標準でした。
完成されていると思っていましたが、まさかの「458ppi」です。コントラスト比「1,000,000:1」も圧巻です。
数字の上では「すごい」としか言いようがありません。

一度、実物を見てみたいですね。

軽さを犠牲にしたであろう、ワイヤレス充電は要らない

iPhone 8は145gで、前世代のiPhone 7よりも10g重く、私がメインで使っているiPhone 6からだと19g重いです。

「モデルを新しくするごとに重くなる」とちょっと辛口の感想があったiPhone 6sの143gよりも2gほど重いです。

これは今回初めて、ワイヤレス充電に対応したためだと推測しています。

たったの10gではありますが、10gの増加で7%の重量アップとなっています。iPhone 6からは15%のアップです。

そう聞くと、大きく感じられますか?
それとも、そんなものだと思われますか?

個人的には、重さを犠牲にしてまで欲しいものではありませんでした。

10gがそのままワイヤレス充電のためではないでしょうが、もし、iPhone Xのワイヤレス充電がなくても10g軽ければ、200gを切るので更に魅力的だったと思います。

iPhone 6ユーザの乗り換え先は?

さて、おそらく多くが買い替えを検討している私と同じiPhone 6ユーザーは、iPhone 8, iPhone X、iPhone 7、はたまたiPhone 6s、どの端末に買い換えるべきでしょうか。

性能だけで言えば当然iPhone X、次点でiPhone 8になりますが、費用を考えると躊躇してしまいます。

iPhone 6からの乗り換えなら、iPhone 7かな……?

今のところ、Apple StoreでAmazonより安いです。

私の結論は、また次回。


  1. iPhone, iPad, and iPod Benchmarks - Geekbench 4 2017年10月1日の結果より。 

よく読まれています

1

格安SIM各社がしのぎを削る中、大手キャリアが重い腰を上げはじめています。 ドコモは「docomo ...

LINEモバイル 2

以下のような条件で、田舎でメイン回線として格安SIMを選ぶならLINEモバイルをお勧めします。 条件 ...

-スマートフォン本体
-, ,

Copyright© スマホを安く , 2019 All Rights Reserved.